初めての方はこちらもご覧ください

髪をおろせない?くせ毛×ブリーチ毛の縮毛矯正で理想のストレートヘアへ

縮毛矯正

仕事柄、髪をくくらなきゃいけない
そういった方に多いお悩みとして

髪を下ろす機会が減るのに加えて
ご自身のクセによる広がりが原因で、
髪を下ろしたスタイルに自信がない

週末の休みにしか
髪のスタイリングをする機会が
なかったり、少ないとなると

それだけの為にクセを伸ばすための
『縮毛矯正』をする必要があるのか?

ここは悩ましいところですよね

髪を下ろせない原因を解決する

本日のゲスト

前回ご来店されたとき

カット、美髪カラーと
髪質改善トリートメントを
させて頂いていたんですけど

その時お伺いしていたのは

クセが強くて髪がパサパサに
広がってしまうのが嫌で
髪をくくらないといけない

というお悩み。

仕事中は髪をくくらないと
いけないかったりする場面も多く、

根元のクセが伸びてきて
気になりだしたら下ろせなくなるので
いつも髪をくくられていたんですよね。

そして今回の施術は
髪を下ろせるようにするために
縮毛矯正をしていくんですが

ゲストがクセが伸びてきても
縮毛矯正をしてこなかった理由が

実は2つあったんです

1つは仕事中くくらないといけない
もう1つは『ブリーチ履歴』の存在。

特にゲストが心配していたのは後者で、

仕事中でのお悩みは
縮毛矯正をしてしまえば
おやすみの日は何なく下ろせますが

ブリーチ履歴があるとなると
縮毛矯正ができる可能性が
ガクッと下がってきてしまうので

できる美容師自体が少ないのもあり
今まで敬遠されてきたんですよね。

ですが、
ブリーチ毛だからといって
絶対にできないということはなく

条件さえ満たしていれば
クセのお悩みを解決することだって
ブリーチ履歴の方でも可能なんですよ

ブリーチ縮毛矯正で下ろせる髪へ

アフター

ぱさつきやすくモワッとして
広がりやすいクセが収まり
ツヤのあるストレートヘアに。

どうしても乾燥がまだまだしやすい
毛先の方はパサつきやすくもあるので
voiを手櫛でつけてお仕上げです

こうして見ると縮毛矯正をした後だと
印象がかなり変わって見えますよね

毛先にはブリーチ履歴が
しっかり見えてるのに加えて

ハイライトが入ってるんですよね

案外、毛先のブリーチ部分は
【薬剤のパワーを弱めるか保護する】

こういった薬剤のコントロールで
対応したりもするんですが

ハイライトに関しては
クセをしっかり伸ばす部分に
ブリーチ履歴が重なってくるので

施術の難易度も一気に高くなる
これがハイライトをしたりすると
施術を断られやすくなってしまう

1つの要因でもあるんですよね

最近の可愛いヘアカラーには
ハイライトを入れるのが
マストなんじゃないか?と思うほど

ブリーチなどを使用した
デザインカラーの人気が続いていますが

どうせならデザインを楽しみつつ
クセのお悩みともオサラバして
快適なヘアライフを過ごしてみませんか?

とは言え

ブリーチ×縮毛矯正は
施術後からが本番。

ここから手を抜くと
次回以降はダメージでのお悩みと
向き合っていかないといけません

せっかく髪を下ろせるようになったので
これからも状態をキープできるよう
しっかり担当させて頂きますね。

天倉拓也に予約、相談してみる

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました