天倉のプロフィールはこちら

ブリーチを使ったハイライトカラーには縮毛矯正は出来るもの?

ヘアカラーをしていく中で
どうしても通常のカラーでは
表現しにくいのが

『髪の立体感』

髪がふんわりして見えたり
引き締まった印象に見せること

それが出来るようになるのが
『ハイライト』『ローライト』
になるんですが

ハイライトをしたら
縮毛矯正を断られることが多い

そんな経験はありませんでしたか?

ブリーチによるハイライトの履歴がある髪を縮毛矯正!?

本日のお客様

前回カットカラーさせて頂き
2回目のご来店です

今回のお悩みは

『年齢と共にツヤがなくなって
どうしてもパサつきがあるのが
気になってしまうのが嫌』

ということで

これに関しては
多くの方が今後体感する
お悩みに実はなるんですよね

年齢と共に髪質は
どうしても変わってしまうんですが

この際に
昔はストレートヘアだったのに
今はうねりが出てきたりする

そんなお悩みが
数多く寄せられています

このようにクセ毛へと
変わってしまった髪へは
やはり縮毛矯正がベストなんですが

実は半年ほど前に他店で

『ブリーチによるハイライト』
をされているんですよね

褪色が早くなってしまったり
髪がパサついて見えてしまう
一つの要因でもあったのですが

ブリーチによるハイライトは
縮毛矯正とは相性が悪かったりします

というものダメージも関係しますが
ダメージしてる箇所が部分的に
変わってしまってるからなんですよね

髪の状態が厳しければ
お断りすることもあります

ダメージの度合いを見て
今回は縮毛矯正をかけさせて
頂くことにしました

ブリーチハイライトをしてると
縮毛矯正が出来ないくて諦めるのは
もう終わりかもしれませんよ?

ブリーチハイライトが入っていても縮毛矯正でツヤ髪になれるんです

アフター

ノンアイロン、ノンブローで
ざっと乾かしただけの状態です

パサパサするというお悩みの髪から
ツヤ感のある上品な髪に変わりましたね

お客様の髪質も
細くて柔らかいのと
サラサラとしやすく

さらにはブリーチハイライト以外の
ダメージは少なかったので

綺麗になりやすいという
条件は実は整っていたんですよね

どうしても
『ブリーチハイライト』と聞くと
敬遠されやすい縮毛矯正ですが

必ずしも出来ないことはありません

しかし
綺麗に見えるけれども
ダメージ(負担)は残る

このことだけは
必ず忘れないでくださいね

おしゃれにするために入れた
ハイライトが原因で
縮毛矯正を諦めている方は

一度ご相談くださいね

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました