天倉のプロフィールはこちら

ヘアケアによる弊害?パサつく髪にやりがちな行為が実は原因かも!

美容室でもトリートメントをし
家でもちゃんとケアをしてるけど
ゴワつきが取らずパサパサする

美容室でのトリートメントは
一般的には1〜2週間ほど

表面のコーティングによる
手触りの変化は得られますが
取れるのは致し方ないんですよね

ダメージすれば
色々使わないといけない

傷みが気になってた方は
そう思われることが多いのでは?

実は良かれと思って
しているケアが髪にとって
デメリットになっているんです

パーマをウェーブが復活した背景にはこんな事をしていたんです

先日来られたゲストの
ビフォーアフター

ゲストのお悩みなどは
こちらに書いてますが

↓↓↓

パーマでパサつく髪?パーマヘアでもツヤ髪になる手段とは
色んな情報やトレンドがある中で今や美容室で打ち出される施術に髪質改善メニューの存在これはかなり大きな比率を占めているかと感じています写真や動画でもツヤツヤで綺麗な髪に憧れたりしませんか?パーマを当てているので髪質改善をすれば真っ直ぐになりパ

実際パーマのウェーブが戻り
ツヤがあり弾力もある
パーマスタイルになれたのは

トリートメントとは
真逆のことをしていく

というのも
トリートメントであれば
色々なものをつけてケアをする

これがイメージとして
多いのですがここがポイントで

つければつけるほど
重みが出やすいトリートメントも
存在するんですよね。

それがコーティングの力に頼った
トリートメントが引き起こす

メリットでもありデメリットです

しっとりとまとめたい時は
重宝しそうですが

パーマの魅力はふんわりと
動くウェーブによる浮遊感なので
相性が悪い時があります

ゲストのお悩みと要望には
重みのある質感は必要ではなく
むしろマイナス要素

だからこんな時こそ
考え方を改めるんです

重みがあるならどうすればいい?

重みを取り除くけば
軽さを得られるんですよね

過度なコーティングを重ねていく
プラスのヘアケアではかえって
ゴワつきを生む原因にもなり得ます

髪を一度本来状態に近づける
マイナスのヘアケアの考え方が
美髪へのケアのベースです

何もしないのではなくシンプルなヘアケアに切り替えてみるのも1つの手段

スキンケアでもトラブルが
起きれば問題に応じたケアを
していくと思いますが

ケアを過度にしすぎる事が
実は原因だったりするんですよね

クレンジングが強すぎたり
油分が必要以上に多くて
肌がギトギトするように

適度なクレンジングと
水分と油分の補給

至ってシンプルで
出来ていそうな事が
実は出来ていなかったり

パーマを当てたけど
動きがでないのがお悩みなら

今しているヘアケアを
見直してみるのも
いいかもしれませんね

絶対これが正解とはないのが
美容の世界ですので臨機応変に
対応していきましょう

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました